停留ビザから居留ビザ(居留証)への切り替えを行いました(台湾で働く準備⑦)


先日外交部で申請した停留ビザを受け取ったので

早速移民局に出向いて居留ビザへの切り替え及び居留証の申請を行ってきました!

学生時代とは違った流れだったので、今後の参考になれば幸いです!




語学留学性時代、停留ビザを受け取った後は再び外交部に出向いて居留ビザを申請

居留ビザを受け取った後、移民署に出向いて居留証を申請するという流れでした。



しかし、台湾で働く場合は流れが違います!



外交部で停留ビザを受け取った後は直接移民署に出向いて居留ビザへの切り替え及び居留証の申請を行うことになります!

※台北市にお住いの方は台北市の移民署に出向くことになります。アクセスはこちらをご覧ください




停留ビザから居留ビザ(居留証)への切り替えを行う際に必要な書類は以下の通りです。


申請書(移民署の中においてあります)

パスポート(オリジナルとコピー)
※最後に台湾に入国したスタンプと停留ビザのページのコピー
証明写真1枚(申請書に貼る)
在職証明書
就労許可(オリジナルとコピー)
家の契約書(大家から渡された書類のオリジナルとコピー)



上記の書類が必要となります。

移民署に出向き、上記の書類、3200NTDを払うことで手続きは終了です。


手続きが終了すると、停留ビザの上に小さなスタンプが押されます。

それと同時に1枚の紙が渡されます。


この紙は領収書兼居留証の引換証になります。




SHINKの場合、手続きをしてから2週間と3日で居留証を受け取れることになりました。

時期によって受け取りの時期は違う?みたいなので書類がそろったらすぐに手続きを行いましょう!

※ちなみに、今回のケースの場合パスポートは預けません。そのため、手元にパスポートはある状態なので安心してください!








台湾でこれから働く予定だけれども、何をしたらよいのかわからない!

どうやってビザを申請したらよいのかわからない!

そんな方の参考になれば幸いです。


※台湾で仕事をするために必要な停留ビザの申請に関してはこちらをご覧ください













コメント

海外旅行好きの方に最適なカード!

人気の投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *