海外在住者の免許更新について


免許証の更新は、通常有効期限の1か月前から行うことが出来ますが

実は事情がある方は更新期限よりも早く更新手続きを行うことが出来ます。

そこで今回は、そんな免許証の更新に関して記載します。





今回記載する内容は、あくまでSHINKが経験した内容です。

あくまで参考程度に閲覧していただければ幸いです!







台湾在住のSHINKにとって免許証の更新は非常に大きな問題でした。

そこで、一時帰国をしている際に更新手続きは出来ないかと調べていると・・・

海外在住の方などは更新期限より前に更新することが出来ることがわかりました!

詳しくは、こちらをご覧ください!


免許のことなら運転免許試験場に行けばいいや!


ということで、自宅から最も近い鮫洲運転免許試験場に出向き、更新の手続きを行ってきました。



受付で、更新日よりだいぶ前だけれども現在台湾在住なので更新できますか、と尋ねてみると「OK」とのことで早速手続きを行いました。

更新手数料は3850円


以前更新したことがあったのですが、更新期限より前に更新するということで初回講習を受けることになりました。

そのため、2時間みっちり講習を受けました(笑)


海外在住や海外旅行などで免許の更新期間に更新することが出来ない場合

パスポートを持参する必要がありました。

SHINKはカウンターでパスポートと台湾に住んでいることを説明したところあっさり受付は完了。

但し、免許証の有効期限が通常よりも1年間短くなるので注意が必要です。



朝8時30分からやっているということで8時に到着。

受付を済ませ、視力検査を終え学科の申し込みへ

9時からの講習に参加することになり、11時には講習が終わり無事に新しい免許証を受け取ることが出来ました。


今年から準中型免許が出来たため、SHINKの免許は「普通⇒準中型」に自動的に変わりました。

ちなみにSHINKは恥ずかしながら「AT限定免許」です(笑)




講習後は鮫洲運転免許試験場名物のカレーを食べましたよ!


インターネットで調べてみると、意外と評判が良く720円のから揚げカレーを注文

確かに、悪くない味でこの味ならカレーを食べるだけのために鮫洲運転免許試験場に来てもいいなと感じてしまったSHINK(笑)


このように、メニューも充実しています!

カレー以外にも様々なメニューがありますので講習後のランチなどにいかがですか?笑


1階の売店には警視庁のマスコットキャラクターピーポ君のグッズなども販売されていました。





話を戻しますが・・・

「海外在住の方などの場合、更新期限より早く更新することが出来ます」

更新の際、パスポートを持参する必要があります。

また有効期限が通常より1年間短くなります。


以上の点を理解した上で、一時帰国時に免許証の更新をしたいと考えている方は手続きを行いましょう!





台北から東京に戻るための最安値の航空券をお探しの方は、以下のサイトがお勧めです!

コメント

海外旅行好きの方に最適なカード!

人気の投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *