在外選挙人の登録から受け取りまで


実はSHINK、5月初旬に在外選挙人の登録に行ってきました。

そこで今回は、これから台湾で在外選挙人の登録に行きたいと考えている方に向けて

その方法や在外選挙人証の受け取りなどに関して記載していきます。




申請編


台北に住んでいるSHINKは南京復興駅のすぐ横にある「日本台湾交流協会」に行きました。


日本と台湾には正式な国交がないため、この交流協会が大使館の役割を担っています。


1階に入り口があるので入ると、すぐにスタッフの方が日本語で・・・

「どういったご用件でしょうか」と尋ねてくるので「選挙人の登録に来ました」と伝えましょう!

すると番号札が渡されるので、カウンターの前に設置されている座席で呼ばれるまで待ちます。

自分の番号札が呼ばれた後は・・・・

・パスポート
・居留証

の2点を提出し、「選挙人の登録に来ました」と伝えましょう。

※ちなみにSHINK、ワーホリビザで入国しているため居留証はありません。そのため、パスポートとワーホリビザ、それに賃貸契約(今台湾で済んでいる物件を借りる際に大家から渡された契約書)を持参して手続きを行いました。


すると、申請の書類を記載することになるので指示された場所をすべて記載します。

記載を終え、再び窓口に戻ると在外選挙人に関するパンフレットをもらいます。

「申請完了後大体1か月後に自宅に書留で送付します」

との説明を受け、手続きは終了です!





受け取り編


申請完了後、大体1か月ぐらいで在外選挙人証が届くとのことでしたが・・・

6月になっても、7月になっても届きません!!

8月になっても届かなければ電話しようと考えていたその時、ついに届きました!


5月10日に申請し、届いたのは8月2日


大体3か月ぐらいですね・・・・


書留なので郵便屋さんが自宅の呼び鈴を鳴らして届けてくれました。

受け取りの際は、指定された場所にサインが必要です。


中を開けてみると・・・・

まずは在外選挙人証が届きました。

これは何よりも大切になるので大切に保管しましょう!


またそれ以外にも説明も付帯していました。


台湾の場合、在外公館で投票をすることが出来ません!

郵送での投票しか行うことが出来ないため・・・・

中に入っている請求書が重要となります!

投票用紙の交付は選挙開始の60日前から行っているそうですが・・・

事前にあらかじめ申請することが出来るそうなので、今から早速申請したいと思います!






政治に対する個人的な考えを記載するブログではないため、個人的な政治に対する考え方の記載は致しませんが、SHINKは日本の政治に強い関心を抱いています!

日本に暮らしていませんが、選挙の際にはしっかりと自分の意志を投票します!







台湾でまだ手続きが済んでいない方は、早速手続きをしてみましょう!
















コメント

海外旅行好きの方に最適なカード!

人気の投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *