2017年7月9日日曜日

深圳地下鉄の乗車方法


今回は、初めて深圳地下鉄に乗車する方に向けて

深圳地下鉄の乗車方法を紹介します!

日本とは少し違った流れもあるからこそ、しっかりと確認しましょう!




まず、中国の地下鉄を利用する場合

上海の地下鉄と同じように改札に入る前に必ず安全検査を受ける必要があります。

安全検査とは荷物検査のことであり

手荷物はX線に通して検査されます。

またペットボトルの飲料は別途検査されるため、バッグ等にペットボトルを入れている場合

検査の方にペットボトルを渡し、専用の機械で検査を受けましょう。




さて、検査を終えた後はいよいよ改札です。


深圳地下鉄の場合・・・・

乗車券はトークン(コインのような乗車券)となっています。

それ以外にも日本のスイカやパスモのようなICカードや1日乗車券があります。

どちらを利用するにしても、入場時は同じ場所をタッチします。


何故か文字が小さなくなってしまい申し訳ありませんが・・・・

水色の部分をタッチすれば入場することが出来ます!



一方、降車時は・・・・・


こちらも文字が小さく恐縮ですが

赤色の部分がトークンの差し込み口

水色の部分が交通系ICカードや1日乗車券をタッチする部分です。

それぞれの方法に合わせて利用しましょう。








乗車・降車自体は簡単ですが安全検査が非常に面倒です。

また時間帯によっては駅に入場するのに並ぶ必要があるため

出来る限り時間を節約するためにも交通系ICカードを利用するか1日乗車券の利用を推奨します。

そうすることで、毎回切符の購入をする手間が省け楽々です。
















0 件のコメント:

コメントを投稿