2017年6月28日水曜日

台北のTSUTAYA書店に行ってきました


先日初めて知ったことなのですが、台北にはTSUTAYA書店がありました

SHINKは二子玉川のTSUTAYA書店にしか行ったことがないですが

折角だから行ってみるか!ということで先日行ってきました。



台北のTSUTAYA書店は路面店ではなく、デパートの中にあります。

MRT市政府駅のすぐ横にある統一百貨の5階にあります。




蔦屋書店なので、もちろんカフェも併設しています。


ここで少しだけ写真を撮影したので店内の様子も紹介しますね。





台湾の書店はもともと床に座って本を読んでもいいという暗黙のルール?

があるのでおそらく台湾人からしたらそこまで新鮮な感覚もないのでしょうが・・・・

我々日本人からしたら買う前の本を座って読むことが出来るっていう時点で感動ですよね!笑


日本の書店なだけに、日本語もしっかりと記載されています。

何より、日本の本も購入することが出来るので日本の本が読みたくなった時は便利ですね!



全体的な感想として、てっきり二子玉川みたいな蔦屋書店をイメージしていたので

少し違って残念でしたが、それでも店内が綺麗で本以外にも日本の文房具や雑貨が売っていたりして見ているだけでも楽しかったですね。




ちなみにこちらが併設しているカフェの値段です。

まあよくあるカフェの値段なんですが・・・・

2人セットメニュー・3人セットメニュー・4人セットメニューがあって

ちょっと贅沢な食事を楽しみたい時には最適なカフェでした。



本を買っている人はいませんでしたが、カフェは大盛況で待っている人が多くいました。






台北にお住まいの方で、日本の本屋が恋しくなった方には最適な書店でした!

統一百貨はMRT市政府駅から地下通路で直結しているので

雨に濡れることなくスムーズにアクセスすることが出来ます!

しかも、誠品書店とも地下通路でつながっているのでどちらの書店も濡れずに訪れることが出来ます!

ぜひ足を運んでみてくださいね!












8 件のコメント:

  1. SHINKさん自分は上海に行く予定でしたが、フライトがdelayedしたので返金手続きをしてマニラに来ています。
    港式茶餐店は忠孝敦化駅のすぐ近くにあり、24時間やってますが、なかなか便利でした。
    しかしなにをするにしても円安のせいで高く感じました。日本人なら日本で買った方がすべてが安いです。
    また女の子は上海のほうがスタイルの良い子が多いと感じました。また女性なのに男の格好をしている人がいっぱいいて
    ちょっと気持ち悪かったです。
    SHINKさんは物書きだそうですが、どういった雑誌に書いてらっしゃるんでしょうか?
    語学学校の方はもう卒業ですか? それとも大学などへ編入されるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. まんじさんこんにちは。
      ディレイとは大変でしたね、でも目的地を素早く変更される行動力はすごいですね!
      マニラはトランジットでしか足を運んだことがないので、機会があればじっくり行ってみたいですね。
      雑誌というより、書いた文章を誰かが買い取り、それを別の人の名前でネットに公開されるちょっと複雑なシステムです。
      今はビザが降りる仕事を探しています!

      削除
  2. SHINKさん、台北滞在中に誠品書店に行きましたが、多くの人が地べたに座り本を読んでおり、
    マナーが悪いと感じました。台湾では普通かもしれませんが、決して良い習慣とは思いませんでした。
    自分はただで長居するのが自分的に気分が良くないので、ポストカードを数枚とロンリープラネットを一冊買って
    から店員さんに店内で読みたいので席を空けてくれと言うと、買わずに読んでる人に声をかけてテーブル席をあけて
    くれました。
    ところで蔦屋書店にカフェのメニューも高いですね。今回思ったのですが、台北は日本より品質も考えると
    物価が高いのではないでしょうか?SHINKさんは現地通貨で収入を得ているのでしょうか?
    自分は日本円から両替するのでとても高く感じます。
    また今回、空港以外でパスポートなしで両替できるところがなく困りました。
    SHINKさんはどこか両替できるところをご存知でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 海外で生活する上で大切なことは、日本だけの価値観が世界の中心ではないと気づくことです。
      私も初めて行ったときは驚きました(笑)でも今ではこれが台湾の文化だと考えるようにし、受け入れています(笑
      台北でも101付近の物価は決して安くないです。現地の人も特別なことがない限りあまり行かないと聞いています。
      基本的には観光客目当てですからね、誠品書店も現地の人は立ち読みが基本で、買い物はあまりしていませんからね。
      私は日本円で収入を得ていますよ。庶民的なエリアであれば物価も安いので苦労しませんよ~
      両替に関してですが、両替は必ずパスポートが必要です。

      削除
    2. 日本だけの価値観が世界の中心ではないと気づくことです。

      地べたに座るのがマナー違反なのは別に日本だけの価値観ではないですよ、欧米でもそうですし。
      日本の価値観ではなく人間性や育ちの問題です。そこを勘違いしないでください、
      台湾でも上品な人はやらないと思います。

      誠品書店も現地の人は立ち読みが基本で、買い物はあまりしていませんからね。

      自分は立ち読みだけは図々しい気がしてできませんね、他人の家にただ居座ってるのと同じですし、
      タダより高いものはありません。ちゃんと物を買って堂々と滞在したいです。

      私は日本円で収入を得ていますよ。庶民的なエリアであれば物価も安いので苦労しませんよ~

      そうですか、短期の旅行なので庶民的なところがどこかわからないので行きませんでしたが、
      少なくとも忠孝敦化あたりは高いですね、そこらへんより銀座でランチした方がよっぽどマシでした。

      両替に関してですが、両替は必ずパスポートが必要です。

      これはチョー不便ですね。大陸でもそこらへんで両替できるのに、かえって旅行者の利便性を阻害してるし
      消費を増やそうと思えば賢くないやり方ですね。

      削除
    3. まあ地べたの話は変な話ですね。見慣れてしまって何にも感じなくなってしまいましたが一般的に言ったらそうですよね〜
      台湾は不思議です。本屋や図書館は地べたに座る人が多いのに何故か電車にはいません。適当な面と厳しい面のどちらもあるからこそ、苦労することも多いです。
      何より交通マナーは未だに腹の立つことが多いですからね。
      またいらっしゃることがあれば、次は台北の隣の新北市などに行ってみてください。物価も安くいいエリアですよ。

      削除
  3. またいらっしゃることがあれば、次は台北の隣の新北市などに行ってみてください。物価も安くいいエリアですよ。

    自分は台湾は民度が高い、高いとネットや人づてに聞いていたので、逆に耳年増になっていた感が
    あると思いました。
    ところで新北市とは板橋区 三重区や基隆市のことでしょうか?wikiでみると台北市も含まれるとの事なので。。
    またトランジットで寄るので、次回はそのまま台南か高雄にでも行ってみようかと考えています。

    返信削除
    返信
    1. その情報は古い情報だと思いますよ。今は台北市と新北市は別の市です。
      板橋や三重は新北市で、基隆市は基隆市です。
      個人的には三重は物価が安くてお勧めです。
      台南や高雄は交通マナーが台北以上に悪いので気を付けてくださいね!

      削除