2017年6月8日木曜日

深圳ステーションホテルに関して記載する


以前千村部で利用した「深圳ステーションホテル」を紹介します。

ちょっと写真が不足しているのでわかりにくい部分がありますが

これから宿泊予定の方の参考になれば幸いです。



まず簡単にではありますが、「深圳ステーションホテル」の場所をご紹介。


羅湖の中国側ボーダーを出たら早速、羅湖の広場に出ます。

広場を出たら斜め左側方向を歩いてください。

その際、シャングリラホテルを目印にすると良いですね。

恐らく斜め左側に出ると「火车站大酒店」という文字が書かれた看板が見えてくると思うのでその看板の書かれた場所に向かいます。



入口の前にも大きく書かれているので一目でわかると思います。

深圳ステーションホテル」のフロントは複数ありますが

どこのフロントでも同じように対応してくれます。

SHINKたちは一番安い西館の部屋を予約しましたが、西館から離れたフロントでも対応してくれました。




フロントのスタッフが英語を話せるかはわかりません。

というのも、SHINKは中国語でやりとりをしたので・・・・

ただ評判を見る限りスタッフの中には話せない人も多いみたいなので

全く中国語が話せない方は厳しいかもしれません。

ちなみに、チェックイン時デポジットとして600人民元を払う必要があります。

もちろんクレジットカードで支払いも可能です。



SHINKたちが利用した部屋はトリプルルーム

値段は1泊5000円という香港では実現できない価格!


当日、あまりにもいろんなことがありすぎたため写真が少ないですが

部屋は綺麗ではないですが汚くもない部屋でした。

潔癖症の方にはお勧めできませんね。

ちなみに、バスタブがついていましたが・・・・

SHINKは中国の水を信用していないので利用しませんでした。



ただこういう風にどこか中国らしさを感じる部屋でした。

ちなみになぜかガスマスクが常備されていました。







香港はホテル代が高いため、少しでも安い値段で宿泊したい場合は深圳に宿泊することになります。

ただ安全面や設備面などを考慮すると、やはり香港宿泊が安全かと・・・

何より、深圳から香港に戻るのも面倒です。

SHINKも一人旅なら再び深圳宿泊にしますが、複数人で香港に行くなら香港泊ですね。
















深圳のホテルや香港のホテル予約ならこちらから

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

お得な値段で宿泊が出来ますよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿