2017年5月4日木曜日

SHINKは「ゆとり世代」です


先日面白い質問を韓国人の友人からされました。

それは「ゆとり世代」って何?というかなりストレートな質問(笑)

そこで今回は、SHINKの考えに関して書き上げていきます。




そもそも「ゆとり世代」という言葉を外国人から聞くとは想像もしていなかったので

少々驚きましたが、自分なりの言葉で説明しましたよ(笑)


ただ、今回書き上げたいことはゆとり世代のことではなく・・・・・

まさに「ゆとり世代」であるSHINKが自分なりにこのことについて考えてみましたのでそれを紹介します。





SHINKは小学校~高校まで私立でした。

大学でやっと公立の大学に進学をしたわけですが・・・・・

小学校も奇数の週は土曜日でも授業がありました。

まあ昔と比べたらそれでも授業の時間数は減ってるんですかね?


とまあ時間の話は置いておいて・・・・・

一般的にゆとり世代に対する世間の目は厳しいです。

「根性がない」「やる気がない」「自分から行動しない」

とまあいろいろ世間一般の大人からは言われてるみたいですけど・・・・




SHINKは「なに言ってるんだこいつら」と思うわけです(笑)

確かにSHINKは自分でも思います、自分の考え方や価値観は一般的な人とは違っています

もしかするとこの考え方や価値観を持ったのはゆとり世代の影響があったのかもしれません。

でも、むしろ私はちょっと普通の人と違った考え方や価値観を持つ自分は嫌いではありません。


いや、むしろ好きですよ(笑)



例えば「仕事を辞めて台湾に留学する」といった一般的な日本人からしたら異常な行動。

SHINKはいつも思うんです。


「一度しかない人生なのに、いつまでもいつまでも仕事仕事でいいのか・・・」


世界は大きいです。

我々日本人は、日本という小さな国に居るだけに過ぎないんです

外の世界を知らずに一生を終えることが、個人的には嫌なんです!

いろんな世界を見て、そしていろんなことを吸収したいんです!


台湾に来てから楽しいと感じる時間より、不安を抱いている時間の方が多いかもしれません。

というのも、これから先自分の人生がどのように変わっていくのかわからないからです。

でも、それでも後悔したことは一度もありません!











「ゆとり世代、ゆとり世代」ってよく言われている皆さん!

それを強みに変えてみましょう!

「ゆとり世代で何が悪い!」

ゆとり世代特有の考え方で、会社の従来の常識を壊していきましょう。















と、今回はいつもと違った愚痴を書かせていただきました。笑





愚痴と言えば、「ゆとり世代」とは関係ありませんが

SHINKは返事に以上にうるさい人間です。

例えば以前友人のコンビニを手伝っていた際、

「袋入りますか?」と尋ね頷くだけの客にキレそうになりました。

というのも、人が質問しているんだから口を使って話すのって当たり前じゃないですか?

地下鉄に居た時もそうです、何も言わずに無言な客

何様のつもりなんですかね?

返事をする、これって人間の基本じゃないんでしょうか。

また初対面だからタメ口、人間として問題がありませんか?

それは客と店員の関係だと言われたらそうです。

でも、同じ人間です。

初対面でも敬語を使って口を使って話すって当たり前じゃないんでしょうか。

中学時代、ソフトテニス部に在籍していました。

今は全国レベルで有名な強豪校になり本当に嬉しい限りです。

私はテニスに才能はありませんでしたが、あの時人間として最も大切なことをたくさん学べました。

いつもコーチに言われていたことは「大きな声で声を出して返事しろよ」「声が小さい」

この2つです。

それ以来、連日大きな声で返事をするようになり

未だにその癖が残っており、よくうるさいと言われてしまいますが・・・・・笑






再び愚痴を失礼いたしました。


















【早い者勝ち!】 .com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

0 件のコメント:

コメントを投稿