2017年5月5日金曜日

最近の収入状況等という現実的な内容


最近、台湾での生活に関する記事をあまり更新できていないSHINKです。

というのも、今は体を台湾の空気に慣れさせるために基本的には遠くに出かけないようにしているので・・・・・

今月の終わりぐらいからは、グルメ系記事を書けることが出来るかな、と考えています。





そんな中、今回は久しぶりに台湾生活に関する真面目な記事です!!

それは・・・・・・



SHINKの1か月の収入状況!



いや、真面目な記事ですよ(笑)







実は5月15日から求人に応募することにしています。

それまでは、自宅でまず体調を万全の状態にしつつ、ネットを使ってお金を稼いでいます。


インターネットを使って、どこまで稼ぐことが出来ているのか、具体的な金額は言いませんが・・・

ただ、実は意外と稼ぐことが出来ているんです


安定した給料の職業と異なり、自分で文章を書いたりしない限りお金を稼ぐことは出来ません。

ただ、書けば書くだけお金を稼ぐことが出来るため

物価が日本より安い台北ではそれだけで生活が営めてしまいます。


SHINKは大体1か月25000NTD程度で生活しています。

4月28日現在のレートで計算すると92000円ぐらいです。

台湾で1番物価の高い台北でも1か月10万円あれば生活することが出来ます。


実は、もっと安い値段で生活している人もいて・・・・

以前同じクラスに居たアメリカ人は20000NTDで生活していました。

なぜそんなに安く生活できるか、それは「居住地」です!

SHINK、実は今台北の中では比較的よいエリアの大安区に住んでいます。



SHINKの家から台北101や台北駅まで歩いて30分程で行くことが出来る好立地

自宅のすぐ近くには大安森林公園があることから、本当に環境は恵まれています。


但し、どうやら家賃が高いです。

なぜ「どうやら」か、それは自分では自覚していないので・・・・笑

日本の家賃と比べれば圧倒的に安く、不満はないのですが・・・・・

以前のクラスメートたちと比べてみると、1番家賃が高かったです





1か月20000NTD程度で生活出来る人たちはどこに生活しているのか・・・


ポイントは「新北市」です!



以前のクラスメートの多くはMRT七張駅周辺に住んでいました!

何と、このエリアの場合管理人付きで24時間ゴミ捨て放題の物件が7000NTDで借りれるとか

クラスメートはまさにその物件を借りていました。

しかもキッチンがあって、本当に羨ましい・・・・・・笑

日本人的感覚からすると、七張から台北駅まで許容範囲ですが・・・・・

どうやら台湾人的には許せないみたいです。

隣に住んでいる優しい近所さんに「七張っていいですかね?」って聞いたら・・・・

「あんなに遠い場所に住むの!!??」と言われてしまいました(笑)



続いてご紹介するのがMRT永安市場駅周辺です!

こちらも、どうやら7000NTD程度で物件を借りることが出来るようで

台湾大学語文中心の学生の多くが住んでいるエリアです。

特に、MRTも便利ですが路線バス網が発達しているようで

バスを利用すればどこへでも行けるとか(笑)

実は、日本人の知り合いの一人も今ここで生活しています。

何回か足を運んだはこんだことがありますが、物価も安く非常に住みやすそうです。






新北市とは、日本でいう埼玉県川口市のような存在でしょうか。

川を渡るだけで住所が「台北市⇒新北市」に変わります。

そうした途端に家賃・物価が急激に下がります。

新北市で生活を営めば、1か月20000NTD程度での生活も不可能ではありません!


ぜひ参考にしてみてくださいね。














激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~

2 件のコメント:

  1. おばちゃん2017年5月8日 13:20

    記事を書いてお仕事されているなんてすごいですね。文章を書く才能があるなら、就職するよりもずっとよさそうに見えます!少し前に、卒業して数年の若い人の話を聞いたんですけど、だいたいフルタイムで残業も入れて2kだと言っていましたから。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、いつもコメントありがとうございます。
      結局台湾だとそうなってしまいますよね。でも私の場合ビザの問題があるのでどうしても正規の仕事が必要でした・・・・フリーランスに良いビザが出来ればいいんですけどね(笑)

      削除