2017年3月7日火曜日

中国での入国審査の時に・・・


日本のパスポートは本当に便利ですよね。

ビザなしで渡航できる国が多く、観光の面ではほとんどビザの心配をする必要がありません。

そんなSHINKですが、時々小さな問題に直面します。




日本のパスポート、1枚めくると顔写真やらなんやらのページになりますよね?

実はSHINKの顔写真と実際の顔が結構違ってるんです。


「なんで違ってるの?」


それは、就職活動時の履歴書用に撮影した写真を使ってるから!

そのため、二キビとかも消去してもらっています・・・・・

写真屋で撮影したものですからね・・・・・





国によって何回も顔をチェックされます。

案の定、今回中国上海の浦東国際空港の公安さん

「ちょっと似てないよ」ってことを隣の公安さんに話しているのが聞こえてしまいましたよ


「まずい、別室か・・・・」


と最悪のケースが頭を浮かんだ時、「うるさい人を演じよう」

ということで、話好きの日本人という設定で話しかけまくりました!


「今日は人が少ないですね~パスポートの写真似てないでしょ?三年前の写真だからね~あの時は毎日楽しくてね~そうそうこれからここに行こうと思ってるんだけど・・・・」


と話し続けた結果、苦笑いの公安


公安「今日はどこから来ましたか?」

SHINK「台北から来ました、乗り継ぎなんですよ」

公安「乗り継ぎ、航空券ありますか?」

SHINK「これですよ、いや時間がまだあるからね上海を見物したいと思って」

公安「OKOK」


と、うるさくてめんどうと感じたのか、さっきまでの雰囲気とは変わったスムーズに進みました。

こういう時に、中国語が話せてよかったと感じます。



無事にスタンプが押され入国審査終了

上海の入国審査、外国人レーンが暇な時間帯だとしっかりパスポートがチェックされますね

前回、8月に利用した際もしっかりチェックされましたからね。










中国では、入国審査カウンターの横の係員を評価するボタンがあります

今だかつて、最低評価を押している人を見たことがありません。

人によって対応に差はありますが、かつてのような高圧的なことは全くなく

本当に親切で丁寧な方が多いです。

もし機会があれば、注目してみてみてくださいね。



























バイク買取

0 件のコメント:

コメントを投稿