2017年2月1日水曜日

チャイナエアライン121便搭乗記


昨日記載した、桃園⇒那覇までの搭乗記の続きです。

今回記載するのは「那覇⇒台北桃園」のチャイナエアライン121便です。

SHINKが搭乗したこの日は、空席が目立つフライトでした。




搭乗まで、那覇空港にあるラウンジで時間を過ごしゲートに向かいます

ゲートに向かう途中でこんなのを見つけました。


SHINK、以前日本国内で免税で商品を購入したことがあるのでこれの意味がわかるのですが

実は、免税で商品を購入すると購入記録票というのが渡されます。

通常、出国時に税関職員に手渡しで渡す必要があるのですが・・・・・

那覇空港では人手不足?なのかこんな感じの箱が置かれているだけ・・・・

これじゃあ本当に免税で購入した商品を持って出国したかわかりませんよね?

いいんですかね、これで(笑)





とまあ税関のここはここまでにして、搭乗記に移ります。


この日搭乗した機材はまだリニューアルされていない古い機材だったため

パーソナルモニターは古いタイプでした。

まだ、USB等で充電することが出来る場所がありませんでした。


シートピッチは行きとほぼ同じ程度です。


飛行時間は少しだけ長いのですが

この便ではしっかりとした機内食が出るわけではなく軽食でした。

台北⇒香港便等で提供されるのと同じタイプの軽食です。

まあ本来はこれだけ短いフライトなんだから、これが普通ですよね。


中にチーズが入ったこのパン、意外とおいしかったですよ。









フライト時間が非常に短いものでしたが、満足の行くフライトでした。



















そう言えば、先日結構個人的にはインパクトのあるポスターを目にしました。


冒頭、税関の愚痴を記載したので、今回はちょっといいことでも(笑)


「あんた、運び屋したら人生終わりやで!」


というなぜか関西弁で書かれたこの税関のポスター

妙にSHINK気に入ってしまいまして、思わず写真を撮ってしまいましたよ(笑)


SHINK、この頃よく税関の検査で引っかかります。

出入国が多いからこそなんですけど、税関の人たちには本当に頭があがりません。

いつもいつも、お仕事お疲れ様です!




























0 件のコメント:

コメントを投稿