2017年1月24日火曜日

ちょっと嬉しかったことと中国語進捗状況


異国の地で暮らしていくって結構寂しい思いがあります

でも、だからこそ小さなこと1つで嬉しい思いをすることが出来ます。

今回は、先日SHINKが経験したちょっと嬉しかったことを書いていきますね。



最近、自宅近辺の新たなお店に足を運んでご飯を食べるようになりました。

というのも、簡単な会話程度であれば困らなくなったので

普通に注文することが出来るし、小さなお願いなら伝えることが出来るようになったからです。



先日、何気なく入ったお店で夕飯を食べていた時の事

突然注文していないスープが提供されました。

「これ注文してませんけど・・・・・」

そう伝えると「サービスだよ」って


台北で生活をしていると、時々こういったサービスがあります。


そこから店員さんとしばし雑談をしていたのですが

本当に台湾の人ってやさしい。

そう感じます。

知っている日本語を使って一生懸命会話をしてくれます。



東京で生活をしてきた24年間。

ここまで優しい人が多い環境はありませんでした。






台北で生活をしていると、日本では感じることの出来ない人の優しさを感じることが出来ます。

確かに、今の生活は大変です。

正直、思っていた以上につらいのが現状です。

でも、毎回このやさしさに触れるたびに、「ああ まだ頑張れる」

そう思うことが出来ます!








最近、あまり更新していませんでしたが

中国語の進捗状況に関しても記載していきたいと思います。


実際、1年近く勉強するとどの程度中国語が話せるようになっているのか

気になる方も多くいらっしゃると思います。



SHINKの場合、「日常会話が出来る」程度には成長することが出来ました



初級レベル(簡単な挨拶)

中級レベル(日常会話が出来る)👈SHINKはここ

上級レベル(自分の意志や希望を正確に伝えられる)

ビジネスレベル(仕事でも通用する)



SHINKは2016年2月から台湾で中国語の学習を始めました。

2月~9月までの授業は主に、基本の「き」でした。

簡単な挨拶からお店での注文方法、更には道の尋ね方など

生活を営む上で必要な最低限度の中国語を学ぶ授業が基本でした。


しかし、9月~現在までの授業はレベルも上がり・・・

授業中に政治について議論したり、経済について議論したりと・・・・・

かなり踏み込んだ授業が行われるようになりました。

そのため、日常生活では決して使うこともないであろう単語等も学んでいます。


授業のおかげで日常生活で中国語を話す機会が多い機会も恵まれてか

クラスの中でも比較的スムーズに話せる立場にいます。

もちろん、普段は聞かない単語等を言われると

その単語を頭の中の引き出しから探さなければならないので時間がかかります。

でも、何とか会話は成立します。



ただ何度も言われてきたことですが・・・・・

「1年で中国語をマスターすることは出来ません!」

本気で中国語をマスターしたい、そんな方は2年若しくは中国語を必要とする仕事に従事するしかありません!

SHINKは中国語を本気で流暢に話せるようになりたい

だからこそ、3月からも台湾で生活を続けていきます。











詳しい中国語の進捗状況は、今タームの授業が終了してから記載しますね。











残りの授業、一つ一つを大切にしていきます!


















0 件のコメント:

コメントを投稿