2016年12月27日火曜日

台湾の居留証ってどんな情報が掲載されているの


さて、台湾で語学留学生のSHINKは現在居留証を携帯しています。

学校を辞めてしまうと、この居留証を返却しなければなりません。

もうすぐ返却をしなければいけないので、今のうちにどんな情報が書いてあるのかなどを紹介していきたいと思います。




居留証には個人情報が満載です!




というのも、居留証を持っている外国人はパスポートの携帯義務がありません

そのため、個人情報が満載なわけですよ!












居留証には以下の情報が掲載されています!



・統一番号
⇒台湾の身分証明書番号です。この番号はSIMカードの契約や銀行口座開設の際に必要となります。

・名前と生年月日

・居留証の有効期限

・居留している理由
⇒学生の場合は学校名が掲載されています。

・住所
⇒台湾国内の住所が掲載されています。

・発行した場所

・発行された日付

・国籍及びパスポート番号



以上のように、個人情報がたっぷり掲載されているカードなのです!











居留証を持っているメリットは何なのか、そう聞かれると実はあまりよくわかっていないSHINK

あえて言うなら、入国審査の際に「中華民国パスポート・居留証」と書かれた特別レーンでスムーズに審査を受けることが出来る点。

ピーク時の桃園国際空港なんかは外国人レーンが長蛇の列でとてもすっごく時間がかかりますよね?

でも、そんな時もスムーズに楽々入国審査が受けられるのでお勧めです。













ちなみに、「常客証」というサービスもあります。

このサービスは最近12か月以内に3回以上台湾を訪れた外国人に向けてスムーズな入国・出国審査を提供しているサービスです。

誰でも利用することができるので、ぜひネット上から登録してみましょう。

申請方法は、こちらに掲載しています。



常客証の場合は、入国時だけでなく出国時も特別レーンで審査を受けることができるのでめちゃくちゃ早いですよ!




ぜひチェックしてみてくださいね!























0 件のコメント:

コメントを投稿