2016年10月23日日曜日

チャイナエアライン桃園国際空港T2ラウンジ紹介


さて、先日ターミナル1にあるチャイナエアラインのラウンジを紹介しました

ターミナル2のラウンジは、ターミナル1と異なり設備は比較的古いですが

充実の設備が整えられています!





さて、カウンターにてこちらのインピテーションを受取ります。

デルタの場合は、D4ゲート前のラウンジを利用することが出来ます。


中に入り、階段を降りると縦長のラウンジが広がっています。


この日はあまりにも混雑しており、座席を見つけるのが大変でした。


さて、ラウンジ内の施設に関してですが・・・・



ターミナル1のラウンジと異なり、ビジネスセンターが充実しています!

パソコンの台数が8台ほどあります。

しかし、残念なことにここでもプリンターが用意されておらず

印刷することができませんでした・・・・・



こちらのラウンジにもオーダー式の麺料理を頂くことができます

王道の牛肉麺からタンツー麺まで、全部で5種類あります。


王道の牛肉麺をいただきました。

ターミナル1と同じ麺だと思いますが、味はターミナル1の方が個人的には好きでした。笑


軽食ではありますが、洋食から・・・・・


パンやハム、チーズ

更には小さなクラッカー等のお菓子


中華の代表ともいえる点心もしっかり用意

小籠包や餃子などといった王道を美味しくいただくことが出来ます。


芋も用意されていました!

エバー航空にもあったので、人気なんですかね。笑


飲物に関してですが・・・・・


コーヒーや紅茶、更にはラテ



ビールなどのアルコールから

炭酸飲料、お茶やジュース


こちらにもリンゴジュースとオレンジジュース、お水が用意されていました。




その他にも、トイレやシャワー設備等が用意されています。





SHINKはこれをいただきました(笑)






総合的に見て、ターミナル1のラウンジの方が良いです。

ターミナル2はどちらかというと遠距離便利用者が多いターミナルです。

そのため、北米や欧米に渡航予定する方からすると

あまり満足できないのではないかと感じました。






















0 件のコメント:

コメントを投稿