2016年9月2日金曜日

居留証がある場合入国カードの記入不要


さて、先日受取った居留証ですが・・・

普段生活している分には特段メリットを感じることはありません。

しかし、先日日本から台湾に戻って来た際このカードのありがたみを痛感しました!



海外旅行の際、面倒なことの1つに入国審査があります

近年は様々な国で独自の取り組みが行われており

少しでも待ち時間を短縮して観光客を増やそうと努力をしています。

しかし、それでもまだまだ入国審査には時間がかかるものです。


先日、台北に戻って来た際

桃園国際空港では、外国人の入国審査レーンに長蛇の列が!


しかしSHINK、居留証を持っているので「持中華民国・居留証」のレーンに

行列になっておらず5分で審査は終了!






ここで初めて知ったことなのですが・・・・


居留証を持っている場合は入国カードの記入は不要です!


自分の住所やらなんやらを記入しないといけない入国カード

毎回面倒だなと思いながら書いていた入国カードの記入が不要になったことは大変喜ばしいこと!

居留証を持っていてよかったと初めて痛感した瞬間でした。笑

























ところで、まったく関係のない話となってしまいますが

最近特に意識をしていないのですが

中国語を使ってお店の人と簡単なやりとりが今まで以上にできるようになってきました。

もちろん、SHINKの中国語力にはまだまだ問題があるので聞き取りに大きな問題がありますが

それでも、会話が今まで以上に成立するようになってきました!

半年台北で生活をした成果ですね。

この頃は、少しずつですが中国語に自信が持てるようになってきました。

もちろん、ネイティブ同士の会話に参加することはまだまだ出来ません。

でも、こうやって日常生活の中で使われる中国語が今まで以上にわかるようになって

少し嬉しいSHINKでした。





















0 件のコメント:

コメントを投稿