2016年8月26日金曜日

前回の税関検査で思うこと


この頃、税関で質問が多いSHINKです

普通の旅行帰りのだと、「荷物はすべてお揃いですか?」

ぐらいで終わりだと思いますが、この頃SHINKはちょっと時間がかかります。




そこで今回は、ちょっと変わったことを書いてみたいとおもいます

少しでも早く税関検査を終わらせたい、そう考えている方に

あくまでSHINKの経験を基に、税関検査を早く終える方法を紹介します


※SHINK個人の経験ですので参考程度にしていただければ幸いです



まず、税関検査の前に当たり前ですが税関申告書の内容はすべて偽りなく記載しましょう



その上で、荷物を受取ってから税関検査に向かうまでに

SHINKが最も大事だと思うポイントは、どの係員のところにいくか?

ということだと考えています。


というのも、SHINK過去に荷物を開けるように求められた際にある特徴を見つけたからです

それは・・・・


「若い人の所には並ばない」

「上席~とバッチの付いた税関職員の列に並ばない」


以上の2点です。




別にやましいことがあるわけでもないのにいつも緊張してしまうSHINK

またパスポートのページのスタンプも多いからか

最近は時間がかかります。


先日、日本に帰国した際間違えて「上席~」が担当する列に並んでしまいました。

この「上席~」のバッチは左胸あたりに縦長のバッチが付いているので遠くからも比較的よくわかります。


先日はとにかく時間がありませんでした。

というのも、何としても乗りたいバスがあったからです!

小走りで税関検査へ



「こんばんは」

中年の上席税関検査官言いました。



そこからしばし質問ラッシュが・・・・



①「台北へはお仕事ですか?」
⇒今は留学生として台北に住んでいます


②「上海乗り継ぎ?なぜですか?」「滞在時間は何時間ほどですか?」「どこに行かれましたか?」
⇒航空券が一番安かったからです。滞在時間は大体6時間ぐらいです。空港内で時間を過ごしていました。


③「お土産はスーツケースの中ですか?」「スーツケースの中身は何ですか?」
⇒お土産は買っていません。スーツの中身は勉強道具や衣料品などです。


④「違法な物は持ち込んでいませんか?」
⇒ありません。


⑤「日本に戻ってきた目的は?」
⇒ちょうど学校が休みなので戻ってきました。




最後に「ではお気を付けて」そう言われ終了しました。

書き出してみると意外とあっさりしていますが、この頃は厳しいです。






個人的に思うのが、日帰り中国の場合かなりの確率でスーツケースを開けるように求められます

以前、香港と中国・深圳に行った際、

日本に戻ってくると若い税関職員から荷物を開けるように求められました。

その際、税関職員が執拗に聞いてきたことが



「なぜ日帰りで中国に行ったのか?」



ということでした。

当然、観光やビジネスであれば宿泊はほとんど伴うでしょうから疑問に思うのは当然です。

中国には今だに偽物が多くありますから、当然そういったものを疑っているのでしょう。








今回の記事は少し変な記事でしたが・・・

SHINKは税関検査を少しでも早く終わらせたいときは



「若い人の所には並ばない」

「上席~とバッチの付いた税関職員の列に並ばない」



の2点に気を付けています。

別にやましいことはないけど、いつも時間がかかる!

そんな方は上記の2点に気を使ってみてください!

気休め程度にしかなりませんけどね・・・・笑
















Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

0 件のコメント:

コメントを投稿