2016年8月23日火曜日

中国東方航空に搭乗しました(前編)


現在、東京の自宅にて短い休暇を過ごしているSHINK

今回はおととい搭乗した中国東方航空搭乗記を書いてみたいと思います

格安中国東方航空の利用を検討している方の参考になれば参考です。




LCCではなく、大手航空会社を利用して旅行に行きたい

そこでスカイスキャナー等を活用し、格安航空券を調べると必ず出てくるのが中国東方航空

しかし、中国の航空会社と聞くと本当に大丈夫なのか・・・

そんな不安から利用を避けている方も多くいます。

今回はそんな不安を抱えている方に向けて前編と後編に分けてSHINKの搭乗記を記載します。

ちなみに、以前の搭乗記もございますので参考にしていただければ幸いです。







1便目(MU8901便)


さて、1便目は中国東方航空ではなくチャイナエアラインです

というのも、SHINK元々中国東方航空で航空券を購入しましたが

コードシェアでしたので、チケットは中国東方航空ですが機材はチャイナエアライン

そのため、あんまり参考にはなりませんが・・・・・笑


台北・桃園⇒上海・浦東便は混雑!満席でした・・・・



機内はリニューアルされたため?なのか・・・・

木目調でとてもシックなデザインの機内でした。


シートピッチは狭いです

身長182センチのSHINKの場合、上の写真のようなイメージです


手ぶらしてしまってすいません(笑)

コンセントはありましたので、充電可能です!


各座席には個別モニターが完備!

しかもこのモニター大画面です、とても見やすく画質もきれいでタッチパネル式です!

またUSBポートを使っての充電も可能です。


機内食はチキンを選択

味はまあまあ、珈琲は美味しく頂けました。

最近の機内食は日に日に味が向上していますよね!

素晴らしいことです!


1便目の感想は、中国東方航空ではないのであまり参考にならない感想ですが・・・

チャイナエアラインらしいサービスでよかったです。

機内エンターテイメントも日本語が充実!

台湾中国便なのに日本語サービスが充実しており感動しました。

桃園国際空港発の便ということもあり、ラウンジも充実で大満足のフライトでした










2便目(MU271便)


さて、いよいよ皆様お待ちかねの本物の中国東方航空です!笑






まずは空港内の出来事から記載していきたいと思います


SHINK、もともと今回中国に入国せず、乗り継ぎカウンターへ向かいました

中国、実は少し変わった国で中国東方航空の指定便以外は乗り継ぎでも一度入国しなければなりません

事前に調べた情報では、乗り継ぎカウンターを使えるとのことでカウンターに向かいました。






しかし!!誰もいない!!!笑






さすが、中国クオリティーです。

ちょっとまってみましたが、誰もやってこないので周りを見回してみたら

公安が「こっちに来いと!」と言っています。

仕方がなく入国カードを記入して、入国審査へ



とここで少し拍子抜けすることが!

なんと中国の公安、笑顔です・・・すごい笑顔です・・・・
※中国は公安が入国審査を行っています

公安「ビザは持ってますか?」

SHINK「乗り継ぎだけです」

公安「写真撮ります、後ろに立ってください」

写真を撮る

公安「中国語話せるんですね?」

SHINK「今、台北で中国語を勉強しています」

公安「どのぐらい勉強していますか?」

SHINK「大体半年です」

こんな感じでなんとフレンドリーな公安!

どうした、中国・・・・・


中国に入国はしたものの人民元も持っていないので

おとなしく、出国しようと出国階へ

とここで、ラウンジインピをもらっていないことに気づき・・・

搭乗手続きをするカウンターへ

なんてエリートプラスメンバーの場合はこんな立派なエリアで手続きを行います

ここで嬉しかったこと・・・・


SHINKの話す中国語が中国人に通じました!!


「ラウンジインピ持ってますか?」とスタッフに聞かれ・・・

「持ってないんです」そう答えると

「こちらへどうぞ」そう言われ、並んでいる人を差し置いて1番最初に手続きをさせてくれました

ありがとうございました。笑


中国入国後10分で出国(笑)

航空券とパスポートに中国出国スタンプが押されます


出国後はラウンジへ向かいます。

ただこのラウンジ、少しわかりにくい場所にあります。

後日、別途記事を記載しますね



とっても小さなラウンジで、食べ物もそこまで多くありませんでした

ネットにつないでみましたが、当然Google、LINE、Facebook等は使えませんでした。

さすが中国です・・・検閲厳しいですね。

空港内のラウンジで5時間程、いつものように簡単な仕事をこなします。



さて、搭乗時間が近づいてきました

とここでスタッフが「東京行く人~」と叫んでいます

しばらく待っていると、何とラウンジから専用バスで送迎してくれるとのこと
沖止めの便の場合ラウンジから専用バスで送迎サービスがあるそうです


専用バスで沖止めスポットへ

この日の上海⇒成田便は9割ほどの搭乗率でした


シートピッチは何と広い!本当に広い!

足を組んで座ることも出来ました

これなら比較的長距離便でもゆったりできます。


ただし、残念なことに個人モニターがありませんでした・・・・




暇だったので雑誌を見てみると興味深いことが

雑誌の中に「中国人が旅行をする際の案内」と書かれ、マナー等に関して記載されていました。

「あ、これ本当に書かれてるんだ・・・・」

そう思いながら見ていました。

また、台湾も自国の領土になっていました。


機内食をいただきます。豚肉を選択しました

これ、意外とおいしいんです!

チャイナエアラインの機内食より美味しく、ちょっと感動。

但し、果物はあんまりおいしくありませんでした。


食後は、ピーナッツが渡されます。

機内食が終わってから1人1人に渡していました。


ピーナッツの後は珈琲が配られます

これ本当に美味しいです。

中国東方航空、日に日に品質向上中です。笑



今回、桃園⇒上海⇒成田まで荷物をスルーで手続きしました

ちゃんと届くか不安でしたが、しっかり届きました!!

すごいですよ、中国東方航空!

飛行機もほとんど遅れず無事に成田空港に到着しました!!



さて、日本では何かと評判の悪い中国東方航空ですが

前編は大満足でした!

また今回、特にびっくりしたことは何と言っても以前利用した時以上に日本語サービスが充実していました!

機内自動放送も日本語バージョンがありましたし、今回も日本人乗務員が1人搭乗していました

更に、乗務員やスタッフが今まで以上に笑顔で対応するようになっておりちょっとビックリ

どうしてこんなに変わってしまったんでしょうか!!


あんなに安い値段で、こんなにいいサービスが受けれるなら

また搭乗したい、そう思ったSHINKでした。





後編はこちらから













↑中国のホテル予約ならこちらから!格安で予約出来ます!

0 件のコメント:

コメントを投稿