2016年7月18日月曜日

台湾の証明写真機を利用しました


 
さて、連日に引き続き居留査証兼居留証取得準備中のSHINKです

今回、写真が必要となったので台湾大学構内の証明写真機を利用してきたので

そのことについて、ちょっとだけ記載させてもらいます。




台北駅近くの誠品地下街の中に、日本語対応可能な証明写真機があると聞いたので

本当はそこに行こうと思ったのですが、台湾大学の証明写真機の方が安い!

そんな情報を耳にしたので、構内の写真機を利用しました!




基本的に、日本の証明写真機と一緒です

特段難しいことはなく撮影できました。


ご存じの方も多いと思いますが、台湾の身分証明書は厳格に写真のサイズが規格されています。

しかし証明写真機には、しっかりと情報が記載されており

初心者でも確実に規格に沿った写真が撮影できるようになっており

わざわざ写真屋さんに行かなくとも十分だと思いました。



料金は100NTD(約300円)

小銭だけではなくお札も利用可能で、100NTDと500NTDのお札が利用可能でした。





写真サイズは横3.5×縦4.5で撮影を行いました











そうそう、先日初めて成績証明書?というのを学校で受取りました。

これは居留査証兼居留証申請時に必要となる書類です。


台湾大学の語文中心の場合、これも無料で受け取ることが出来るのでうれしい限りです。




さて、もらったからには当然内容を見てしまいます。

今の老師、意外と厳しい人なんですが、成績報告の内容は非常に嬉しい内容でした!


評価は100点満点の90.8点(A+)でした!

別に語文中心の成績が自分の人生に影響をすることはないんですが

やっぱりいい方が嬉しいですよね。笑






因みに成績報告書には老師からのコメント記載されているのですが・・・・


「理解力が良く、クラスメートと比べ比較的流暢に中国語を話し、対人関係が良好、明るい性格の学生」






との記載がされており、ちょっぴり嬉しいSHINKでした。













0 件のコメント:

コメントを投稿