2016年5月6日金曜日

台湾停留査証延長前編


さて、いよいよビザの延長手続きをする必要が出てきました。

そこで今回は連載企画?として語学研修査証(停留ビザ)で渡航した場合の延長方法について掲載していきます。




日本人の場合、観光で入国しても90日以内はビザが不要なので

別にビザを取得しなくてもいいじゃないか!って思う人もいると思うんですけど・・・・・

ビザを取得して渡航すると、現地でビザの延長手続きをすることができるんです!

わざわざ一度出国して再入国する必要がないので、その点はメリットですよね!










さて、まず必要書類なんですが・・・・

ネットによって情報が異なります!!

一体どれを持っていけばいいんだ!!!!!!

個人的には激おこプンプン丸状態です(笑)

とまあ冗談はさておき・・・・・


とりあえず、様々なネット情報を吟味した結果

申請書
パスポート(原本とコピー)
学校の在学証明書
学校の出席記録表

の4点があれば良さそうです。

この点に関しては重要な情報なので、後日停留ビザを延長後再度掲載しますね!










台湾大学の語文中心で在学証明書と出席記録表をもらう方法は

すべてネット上で完結します!!!

まずは自宅等のパソコンから台湾大学語文中心のHPへアクセスします


「CLD Students」をクリックします


「在学証明及出席記録申請」をクリックします



学籍番号・英文の名前・パスポート番号・使用用途の選択を行います
※停留ビザの延長の場合は、用途1番上を選択しましょう


その後、来タームの学費を払ったかどうかの確認があります。

正しい選択をし、送信を押せば申請完了です!

※来タームの学費を払ってから申請しましょう!そうしないとビザの延長が出来ません!!




前日の午後15時より前に申請をすれば申請の次の営業日に受取れることが出来ます。

そのため午後15時1分に申請した場合は2営業日後に受取れることが出来ます。






ざっくりとではありますが、台湾大学語文中心の在学証明書等の申請方法を紹介しました

停留ビザ延長の際には必ず必要になる書類なので、今後に参考になれば幸いです!














20170227

0 件のコメント:

コメントを投稿