2016年5月22日日曜日

授業のプレゼンを振り返ってみる


さて、日本に戻ってきて早いもので2日目。

やはり日本は台湾と比べて栄えてるなと一人感動している日々です。

今回は3か月の授業の中で、どんなプレゼンを行ったのかということを振り返ってみました。




クラスによってプレゼンテーションの回数も方法も異なります。

凝ったクラスだとパワーポイントを作ってそれを見ながら説明をしていく

そんなプレゼンを行っているクラスもあるようですが、SHINKのクラスではそこまでこだわったプレゼンはありませんでした。


基本的には老師が与えたテーマに関する文章をノートに書きだします。

そしてそれを後日提出、提出後添削された文章を暗記し発表するというながれになります。







SHINKのクラスでは・・・・・

・家族に関するプレゼンテーション
⇒何人家族で、何をするのが好きか、何をするのが嫌いかなどをFacebookを活用しながらプレゼンしました。

・日本人は朝・昼・夜何を食べるのか
⇒インターネット等を活用しながら写真を提示し、日本人の一般的な食事に関するプレゼンを行いました。

・日本で生活をしていた時の食生活
⇒日本で生活をしていたとき、どんなものを家族と一緒に食べていたのかと言うプレゼンを行いました。

・実家の間取りに関すること
⇒実家にはどんな部屋があって、家族は大体どこにいるのかというプレゼンを行いました。

・日本の季節に関すること
⇒日本の季節に関するプレゼンをインターネットに掲示されている写真を活用しながらプレゼンしました。




3か月で5回のプレゼンを行いました。

大体1か月2回ほどのペースですね・・・・・・

老師によって授業の進め方は違うのでしょうが、このプレゼンは本当に中国語を覚える上で大切なことだと思いました。

これから台湾へ語学留学を検討している方の参考になれば幸いです!
















0 件のコメント:

コメントを投稿