2016年1月24日日曜日

日本のパスポートのありがたみ


JAPAN PASSPORT

このパスポートが如何にありがたいものなのか、日本にいるとなかなか痛感する機会はありません。

しかし、知人の中国人と交流が深まり、先日対談をした中でこのパスポートのありがたみを痛感しました!

今回はそんな話や対談の内容を記載してみます!!



そもそも、なぜ対談をすることになったかというと

私が中国について教えて欲しいと言ったからです!!

その結果、先日某ファミリーレストランにていろんな疑問をぶつけてきました!!
※あくまで、1人の中国人からの情報であり、すべて真実という保証はありません!

今回はそんな対談内容をざっくり紹介してみます!!


SHINKが以前から疑問に思っていたこと



・中国の反日教育って本当に行われているの?

⇒小学校まで中国にいたが、そんな教育はなかった。戦争の歴史は聞いたが、だから日本人は悪い人とか日本は悪い国といった教育はなかった。

・中国の反日デモは実際に行われているの?

⇒本当に行われている。けど、デモのほとんどはデモをやったというドラマを撮影したいがためにやっているだけで、ほとんどの中国人はデモに参加しているわけではない。一部の人が参加しているだけ。

・日本人が中国に行っても嫌がらせはされない?

⇒ほとんどされない。むしろ歓迎する人も多いけど、所謂、満州だけは行かない方がいい。満州に住んでいる人は日本人を嫌っている。満州近郊に行くと日本人だけで差別されると思う。

・逆に日本に来てから、中国人というだけ差別はされたことある?

⇒特にない。

・日本に住んで、この先もずっと住んでいたいと思う?

⇒思う。まず治安がいい。チャックの付いていない鞄を使っても荷物が盗まれないことに感動した。あと空気がおいしい。東京でも中国より空気がいい。このまま日本で生活を続けていくつもり。あと、中国では土地を買っても自分の物にならない。あくまで土地は国の物だから、戦争とかが起きた場合土地は国に返さなければならないから、日本で土地を買いたい。

・中国と台湾の関係、どう思ってるの?

⇒同じ国だと思ってる。どうして台湾に住んでいる人に中国人と呼ぶと怒るのかわからない。台湾に住んでいる人は自分たちを台湾人と呼んで欲しいみたいだけど同じ国。

・じゃあ台湾人は嫌いなの?

⇒それはない。それとこれとは別。人と人との関係だから政治的心情は挟まない。台湾に住んでいる友人はいるけど、そんな関係は二の次。

・台湾の入国審査の時、外国人レーンに並ぶことについてはどう思う?

⇒それがその地域のルールなのだから、仕方がない。そんなことで騒いで何か変わるわけでもないから気にしていない。



今回の対談で言われたこと



日本のパスポートってすごいうらやましいということ。

同じ肌の色で似た顔立ちなのにも関わらずパスポートが違うだけで行ける国の数が違うこと。

たしかに中国のパスポートと日本のパスポートでは桁違いにビザなし入国できる数が違います。

中国人が観光等で海外に行く場合、たくさんの書類やカード等を作り、大使館にビザ(査証)の申請をしなければなりません。

しかし、日本人の場合は違います。世界で4番目にビザなし入国できる国の数が多いパスポートなのです。
http://blog.compathy.net/2015/02/25/japanese-passport-power/

それだけ信頼のある国のパスポートなのにも関わらず持っている人は

全体の24%

せっかくある権利なのにもったいない!

そう言われました!笑

SHINKも同じ意見です。

SHINKは海外に行くと日本のパスポートを持っていてよかった経験がいくつかあります。

マレーシアのKL空港で入国審査の際、マスクとメガネをした状態でパスポートを出したところ、何も言われずにスタンプを押されてあっさり終了。

これって普通の国じゃありえない対応ですよね。

たまたま入国審査官が面倒だから何も言わなかったのかもしれませんが、この時ほど日本のパスポートの強さを感じたことはありませんでした。

SHINKが珍しく日本人でよかったと思った瞬間でした!笑






0 件のコメント:

コメントを投稿