2015年12月28日月曜日

サークル高雄旅行記2日目編


2日目に突入しました!

相変わらず、友人の1人は体調不良のためこの日も1日寝ているだけ!

せっかく台湾にきているのにもったいない!!

彼をおいて、2人で再び街に繰り出しました!!


2日目




ホテルで朝食。

朝食会場はとてもシンプルなつくりでしたが、働いているスタッフのおばちゃんがとても気さく!

帰り際にエレベーターまで送ってくれたのですが、とっても親切にしてくれました

「また明日!」って日本語と笑顔で送りだしてくれましたよ!

スタッフ皆さんが親切で、朝から気分よくでかけられますね!!


高雄はそこまで大きな町ではありません。

そのため観光すべき個所もコンパクトにまとまっているので見やすくてよい町です!

まずは蓮池潭に行ってまいりました!


天気も良好!こんな風な風景が広がっている場所が蓮池潭!

周りは地元の人が自分で育てた野菜や果物なんかを売っていて活気があります。

ジョギングしている人や犬の散歩をしている人など・・・・

ここにくると時間の流れがゆっくりとするので私は大好きです。


道を歩いていると、こんな台湾らしいものがあったり・・・・・


こういう台湾らいいものもあったりします!

こういう光景をみると、ここは台湾だな!って実感がわきますよね!!

そしてここ蓮池潭に来た理由が・・・・

「今までの悪を流して善人になれる場所にいくため」

それがここです!!


龍の方から入って、虎の方から出ると

今までの悪がすべて流れ、善人になれるといわれているそうです。

ここで1人の友人が

「だったらたくさん悪いことして、ここにくればいいね!」

なんて出発前に呑気なことを言っていました。まったく!!(笑)

この塔の上まで登ると蓮池潭を一望することができます!!


こんな感じです!

ちょうどこの日は快晴だったので、周りがとてもよくみえましたよ♪♪

その後、新左営駅まで戻るためにタクシーに乗車。

タクシーの運転手さんは陽気な方で、日本に行ったときの思い出話をたくさん語ってくれました!

ここで少し独学の中国語で「明年、我去台北學中文」っていってみたら通じたみたいで

よくわからない中国語の返事が返ってきました。笑

いい人だったからチップも渡して200NTDで駅まで着きました(メーター料金は110NTDでした)

台湾ってタクシーが本当に安いから複数人で移動するときはおすすめです!


そしてお昼です!!

皆さんは台湾で有名な飲食店と聞くと何を思い出しますか?

鼎泰豊はご存じですか?日本ではおそらく高級料理店と呼ばれるお店の1つでしょう。

そんな鼎泰豊、台湾では比較的安価な値段で食べることができるので

台湾に来た際は必ず行きましょう!!

1人2000円ほどで小籠包・餃子・ジャージャー麺・牛肉麺・炒飯をごちそうになりました!!

店員さんは台北店ほどではないですが、日本語を話せます。

昼の12時を過ぎると30分以上待つことになるので、11時30分過ぎにくることがおすすめです!!

一見すると怖い顔してても「小姐、全部好吃!」っていうと満面の笑みで返してくれるので幸せになれます(笑)




昼食後は・・・・


高雄で1番活気のあるエリア、駁二芸術特区へ!

ポップなアートが数多く展示されている場所です。

どう見たって著作権に引っかかりそうなものもあったりしますけどね・・・・(笑)


この形をした像がいたるところにありました。
 


押したら動くかな?

と思って押してみましたけど、動きませんでした。


中国語って日本語と近いので、この文字を見るだけでもだいたいの意味はわかりますよね(笑)

 
この駁二芸術特区の中にはおみやげもの屋さんがあるんですが・・・・

台湾と日本は祝日が違うので台湾用のカレンダーを購入してきました!


ここのお店です!店内は写真撮影禁止だったので、写真はありませんが

日本の商品が大量に売られていました。

「パスモ・スイカに対応!」「1個300円」などといった日本語表記のオンパレード

日本の商品売ってるのはうれしいんですけど、値札ぐらいは変えといて欲しいですよね。笑

でもその適当さが台湾らしくて好きなんですけどね。


高雄で1番高い85ビルを写真に収め、一度ホテルに戻ります。

友人の様子をうかがい、夕飯を食べ、2日目は終了。

結局友人は1度も外出せず寝ているだけでした。

そんな彼の様子↓


完全にやさくれ状態(笑)



最終日編に続きます




番外編



友人が何気なくホテルのテレビを見ていると謎のチャンネルが!!

14番チャンネルはこんな映像を流しています!

これホラーテレビなどではなく、どこかのマンションの防犯カメラの映像です。

こんなのがどうしてホテルのテレビに映るのでしょうか?

不思議というか少しこわかったです(笑)







パンダバナー

0 件のコメント:

コメントを投稿